社長挨拶

 平素は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当社は、1980年(昭和55年)の創業以来、幅広い業種・業態におけるソフトウェア開発とシステム運用管理を事業の柱として業容を拡大してまいりました。2010年の合併によるMinoriソリューションズ発足以降、各業種ごとの業務知識・ノウハウ、技術力、開発力、サービス力を活かしたトータルソリューションの拡大とサービスの高付加価値化に努め、この10年間で売上高は1.5倍、営業利益は5倍以上の成長を遂げております。
 そして2019年12月、さらなる飛躍を目指すべくSCSKグループの一員となりました。ITによって豊かな社会づくりに貢献していくという共通の理念のもと、来るべきデジタル・トランスフォーメーションの時代に向け、当社の従来からの強みと、SCSKグループの豊富な経営資源を活用・融合し、技術・ノウハウ、営業基盤、制度・インフラなど企業基盤の一層の強化に取り組んでまいります。

 社会環境が大きく変化する中、ITは、従来の業務の効率化・合理化のためのツールとしてだけでなく、各企業が新しい価値を生み出し成長するための原動力として、益々役割が高まっております。また、多くの日本企業において、抱えるシステム資産の老朽化と新たなITニーズとのギャップが顕在化しつつあります。
 その中で当社は、ITのプロフェッショナルとして、各種業務システム・Webシステム・プロダクトソリューション等の開発技術、IT基盤技術、数値解析などの「技術力」を基盤に、長年のお取引の中で培われた業務知識・ノウハウとお客様との信頼関係に基づく「伴走力」、お客様ニーズを先取りし迅速に対応する「機動力」で対応し、お客様の事業の成長に貢献してまいります。
 同時に、その原動力である当社社員の1人1人がお客様にとって不可欠な存在、社会において個性的な存在たりえるため、すべての行動において「+one」(プラスワン)、シンプル&スピーディ、現場主義を行動指針としつつ、多様な人材が成長し活躍できる環境づくりを進めてまいります。
 今後とも、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

^