着実に経験が積み重ねられ
飛躍的な成長が出来る場所

金融W.S

金融ソリューション部
2014年入社

飛躍的な成長を実感できる仕事

私の所属している部門では、主にクレジットカードの売上管理システムの開発や保守を担当しています。金融系システムには、まず絶対的に「高品質」ということが求められます。システムがダウンしてしまうようなことは当然あってはいけませんし、たとえ計算結果が1円違っただけでも大きな問題になってしまうからです。

ですので、自身が行う作業がシステムの他の部分に影響を与えないかどうか、どれだけ品質を担保した検証を行えるか、そういった緻密さが要求されます。

また、金融の業界特有の用語が飛び交う現場でもあるので、最初のうちは何を話しているのかまったく分からなかったこともあります。

しかし、それだけに経験を着実に積み重ねることで、飛躍的な成長を実感できる仕事です。問題の起こらないシステムを開発できた時は、他のシステムでは味わえないような達成感を得ることが出来ます。

非常にしっかりしているOJT制度

私は、大学では文学部、しかも芸術学科で、主に美術や音楽といった芸術といわれるものの歴史を学び、博物館や美術館の学芸員になるための勉強をしてきました。4年間、しっかりと勉強してきたのですが、なにか新しいことを始めてみたいなと思った時に、IT系への興味が湧いてきて勉強してみたいと思ったのがきっかけです。

Minoriに入社を決めたのは、出会った従業員の方が、皆さん初対面でも気さくにお話しでき、人見知りの私でも大丈夫そうだと思えたからです。それに加え、OJTの制度が非常にしっかりしているので、プログラムなどに未経験の私であっても色々なことに挑戦できそうだと感じたのも大きかったと思います。

実際、入社後の研修でJAVAの勉強をして、配属後にはCOBOLを使うことになったので、最初のうちは分からないことだらけでしたが、周りの先輩方が丁寧にサポートしてくださったおかげで、5年目の今ではかなり多くのことをこなせるようになりました。

いずれは金融システムのエキスパートに

いずれは金融システムのエキスパートに

これまでは、自分に課された業務を日々こなしていくことで精一杯でしたが、今は設計書を読み込んで、自身の作業によって周りにも影響が出そうな時は、先回りしてテストの提案をするという一歩踏み込んだところにも頭がまわるようになってきました。

いずれは金融システムのエキスパートになりたいというのが、私の夢です。

メッセージ

バリバリの文系出身である私でも、今では自信を持って日々の業務をこなすことができています。理系的考え方が出来る人と比べれば、最初のハードルは少々高いかもしれませんが、それ以上に好奇心が刺激され楽しみを感じるお仕事です。

先入観を持たずに、まずは説明会等の場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

新しい仲間が増えることを、心から楽しみにしています。

私のこだわり

とにかく笑って仕事をします!笑い声の大きさでは負けません。もちろん、そうではいられない場面もありますが、そういった時でも心にゆとりを持って作業に取り組むことで、空気を和やかにできるよう努めています。

金融

金融業界は他業界に先駆けIT投資を行ってきた業界で、当社でも金融系のシステム開発は1980年創業以来の柱となる事業の一つです。
銀行、クレジットカード、生保・損保、証券会社など金融業のお客様が抱える課題に対し、時代やニーズに合わせシステムの改善や構築、運用、そしてまた新たな提案や開発、運用まで一貫したサービスを提供しています。

そのほかの先輩インタビューを見る

ENTRY

個性を大切にするMinoriソリューションズが
挑戦するあなたを応援します!


PAGE TOP